解体工事はいつどの時にどの様に行えばいいのか

ページトップへ

工事

やるべき事

解体工事を行う際に、事前に依頼者自身が行う事も沢山あります。
その中でも必要であるのが近所への配慮です。
自分の土地にある建物を解体するので、一見近所の家々は関係がないと思ってしまうかもしれません。
しかし実はとても関係があります。何故なら解体工事は騒音も生じてしまうからです。
夜間に解体工事を行うという事はまずありませんが、たとえ昼間であっても騒音は耐え難い物で。
人によって夜間の仕事に従事している方もいます。そういった方々にとっては昼間は大切な休息時間です。
その休息時間を騒音で台無しにしてしまうおそれがあります。だからこそ近所への配慮は大切なのです。
挨拶もなしにいきなり近所の家が工事を初めているとなると、工事の内容が解体工事や新築工事関係なく不愉快な思いをさせてしまう恐れが大いにあります。
したがって近所への挨拶はしっかりと行うべきです。そうすれば騒音が発生してしまったとしても多少多目に見てくれるかもしれません。
解体工事で一番多いのは、騒音などにご立腹となっているご近所からのクレームなのです。クレームの矛先は依頼者もしくは解体工事をしている業者となります。

ご近所への挨拶は一般常識的に当り前でありますので、当然事前に行っておくべき事です。だからこそ解体業者のホームページであっても特記はされていないのです。
配慮と共に行う事と言えば、どうしても発生してしまう騒音を出来る限り抑えようとする努力です。
どう努力を行えばいいかというと、養生シートや防音シートを上質な物にして音を抑えるのです。
これは業者側とも話し合いを行い、どのシートを用いるかを決めなければなりません。
シートの単価が高額であると、その分音を抑える効果も期待出来ます。
もし解体工事費用に余裕があるのであれば、シートも上質な物に変更してみるといいのです。