解体工事はいつどの時にどの様に行えばいいのか

ページトップへ

工事

直接業者に

多くの場合は解体工事も新築工事も一つの業者に依頼をする方が多いです。
様々な住宅施工業者が存在しますが、そのいずれかの業者に新築および解体工事を依頼します。
一つの業者に二つの作業を依頼するので、手続きは個別に発注するよりも手間は掛かりません。
しかしこの手間が掛からない事に目が行き過ぎてしまい、実は解体工事費が大幅に発生してしまっている事に気がつかない場合があります。
何故一つの業者に依頼をしているのに、費用が増えてしまうのかというと、内部的な理由が関係してきます。
多くの住宅施工業者は、解体工事を外注し作業を行うからです。その施工業者が解体工事までをも行うという訳ではない場合が多いのです。
施工業者が他の業者に依頼をするという形になりますので、当然またその時点で依頼費用は発生します。
場合によっては施工業者が依頼した解体業者も、また外注で作業を行う場合もあるのです。
解体工事を行うにあたり、中間に様々な業者が入る時があるのです。したがって住宅施工業者が提示した見積もりが、一坪の費用がちゃんと相場通りであっても費用が高額になるのです。

しかし業者にどう作業を依頼するのかによって、解体工事に発生する費用はしっかりと抑える事が出来ます。
方法の一つとしては住宅施工業者に全てを委託しないという方法です。施工業者には新築工事のみを依頼し、解体工事は解体工事を専門に行っている業者に依頼をします。
要は個別に依頼をする事により、中間に入る業者を自分で無くすのです。
ここで浮上する疑問といえば、個々に工事を依頼する事は果たして可能かどうかという疑問です。
その疑問ですが簡単に解決が出来ます。何故なら新築と解体工事は個々の業者に依頼をする事が可能だからです。
手続き上全てを一つの住宅施工業者に依頼する事も勿論悪い事ではありません。
施工業者が利用する下請け業者ですので、粗悪な業者に解体工事をさせない事は確かであるからです。
しかし費用の理由で少しでも安く工事費を抑えたいのであれば、別々の業者に工事を依頼するという方法をとっても良いのです。